足さばきの種類と使い方

剣道で足さばきが上手くいかないと思っている人も多いと思います。
足さばきの種類には、歩み足、送り足、開き足、継ぎ足の4つがあるとされ、それぞれの使い方を習得してこそ、多彩な技を身につけることが出来ます。

 

 

歩み足は、日常の歩行と同じように右足と左足を交互に出して前後に移動します。
相手との距離が遠い時に、素早く間合いを詰める為に使用することが多く、体勢の崩れをおさえるために、全てすり足で行います。

 

 

送り足は、剣道で最も多く使われる足さばきで、移動する方向の足を踏み出し、もう一方の足をすぐさま引きつけて、基本の足構えを維持するようにします。
間合いが近いときに素早く小さく間を詰める際や、打突へのつなぎとして使います

 

 

但し、足を前に送る時には、体が前傾しないように注意しましょう。
前に体が傾いていると、急な動きに対処できず、相手にスキを与えてしまいます。
足を滑らせるように動かし、腰の位置を変えずに水平移動することを心掛けると、体の上下動を抑えることが出来ます。

 

 

開き足は、相手の打突を防いでかわして、反対に打突する際に使用します。
右に開く場合は、右斜め前に右足を出し、左足を右足に引きつけます。

 

 

左に開く場合は、左斜め前に左足を出し、右足を後素早く後方に引きつけます。
体をさばいた後は、必ず相手に正対するようにして、両足のつま先を常に相手に向けるようにしておきましょう。

 

 

継ぎ足は、遠い間合いから打突する場合に主に使います。左足を右足を越えないように前へと引きつけ、同時に右足から大きく踏み込んで打突します。
このように足を継ぐことで、通常より遠くに跳ぶことが出来ます。

 

 

いずれの足さばきを練習する上のポイントとなるのが体の上下動です。頭が大きく動いているようでは、正しい足さばきが出来ているとは言えません。

 

 

体の上下動をおさえた足さばきがしっかり出来れば、実戦で相手に動きを悟られることなく、間合いを詰めて打突に移ることが出来るようになるので、試合に活かす為にもしっかり4種類の足さばきの基本を身につけておきましょう。

 

 

4つの足さばきの基本と試合に活きる活用方法も解説してあります!

 

DVD1の収録内容を見てみる